受講を希望する方の頁

この頁の末尾
 
確認事項

●  オンライン対話式授業の進め方」と「Zoomに関する留意事項」の各頁に必ず目を通してください。

●  費用/受講の手続きと準備」を参考に、必要な機器及び通信環境が整っているか確認してください。

●   各種学習教材は当校の"Content Library"(資料庫)中の「オンラインデジタル教材」(各種演習教材文法学習教材)を使用します。

   "Physical Text"(紙のテクスト)は使用しません。

●   「オンラインデジタル教材」を閲覧するための「ユーザー名」と「パスワード」は担当講師がお知らせします。

●   学力上位の受講生については、現代英語力標準用例集(野島明編集著作)を積極的に活用します。無料で利用できます。

●   液晶画面上でテキストを見続けるのは苦痛だと感じる方は、適宜、「オンラインデジタル教材」をプリントアウトしてください。パソコンに接続したプリンターが必要です。

●   当校の「オンラインデジタル教材」とは別に、講師が、どうしても自分自身で用意した教材を利用したい場合、Zoomの共有機能を利用し、Dropboxに保存してあるファイルを共有することも可能ですし、画面共有機能を利用することも可能です。

   Dropboxのファイル共有機能を利用することも一つの方法です。

   しかしながら当校としては、上記の共有方法については、すべて、推奨いたしません。Dropboxアカウントの共有も推奨いたしません。

   結論として、教材に関しては、ウエッブ上で当校の「オンラインデジタル教材」を利用することが最も簡便かつ安全です。

●   講師が教材を添付ファイルとして送信することは禁止事項の一つです。ウェッブの世界では、添付ファイルを開くことは、互いにマスクなしで見知らぬ人と至近距離で大声の会話をするに等しい行為です。ウイルス感染の危険性が付きまといます。

   受講生の方は、講師から送られてきた添付ファイルを絶対開かないでください。

●   Webカメラは使用しないでください。Webカメラを使用しないことには、見過ごしがたい「利点」もあります。下記の「受講に当たって、講義に当たって」をご覧ください。

●   正式に授業を開始する前に、Zoom接続試験も兼ね、一度、三十分程度のオリエンテーションを行います。受講生の学力、志望校、要望等を確認し、使用する教材や指導内容・方法を検討します。

   受講生側は無料、講師は無給です。

   オリエンテーションには当校関係者が加わる場合もあります。

●   講師はパソコンやネットの専門家ではありません。パソコンやネットに関する講師の知識は必要最低限のものに過ぎない、とお考えください。            

この頁の末尾
  

  受講に当たって、授業に当たって    

受講生、講師、双方に求められること

●   “Don't do unto others what you don't want done unto you.”

   ― Confucius

●   授業中(50分間)はものを食べない、舐めない、口に含まない。

  チョコレートひと欠け、あめ、ガムもここに含まれます。

  口に何かを入れて話すと、自分ではいくらうまくごまかした積りても、相手は気づきます。

●   飲み物は、可、です。言葉を交わしていれば喉が渇きます。

  ただし、飲む際は、必ずマイクをオフ(あるいは音量ゼロか最小)に、

  あるいはZoomをミュート(mute)(消音設定)にすることを心がける。

  音量調節できないマイクの場合、必ず、Zoommuteの状態に。

  Zoommuteの状態にするより、マイク音量を調節する方がずっと簡便です。

  音量調節可能なマイクが望ましい理由です。

  些細なことで授業の雰囲気は悪くなってしまいます。

●   好きな音楽を流すの(BGM)は、自分一人のときに。

●   Webカメラを使用しない大きな利点の一つが、実は、服装・身だしなみに気を使う必要がないことです。

   授業を開始する前に服装・身だしなみを整えねばならない、更には部屋も片付けねばならないというのは、授業を億劫に感じさせるほど、受講生にとっても講師にとっても、間違いなく、大きな負担です。

●   Webカメラを使用することには、理不尽と言えなくもないような不都合も付きまといます。

   画面を通して感じ取れる講師の、あるいは受講生の雰囲気がなぜか虫が好かない、などという理由で、授業の円滑な進行が妨げられることは、実のところ、稀ではありません。よくあること、と言って構わないと思います。

●   同じことは声についても言えますが、こればかりはなんとも仕様のない面もあります。ただ一つ、少なくとも講師の側は、できうる限り、声の出し方、話し方には気を配るべきだ、ということです。

●   過度に馴れ馴れしいしい口の利き方、ぞんざいな、あるいは乱暴な話し方、投げやりな話し方、年長者である講師に対する礼を失した物言い・言葉遣い、年少者である受講生を見下すような話し方、こんなことも分からないのか、などという禁句を口にすること、舌打ち、相手に聞こえるあくび、等々は、双方共に、厳に慎むべきことです。

●   互いに丁寧な言葉遣い・話し方を心がけたいものです。

●   「〜です」「〜ます」という敬体を用いる対話が基本です。


この頁の先頭

école imédia の表紙頁
© Copyright 1997-2020 InternetMedia
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)