オンライン対話式授業の進め方

この頁の末尾
Zoomを利用

●   オンライン会議システムはZoomを利用します。

●   一番の理由は、現時点では、受講生側はZoomインストール(注)する必要がないという点です。

●   アプリケーションソフトウェアの世界では、予告なしのバージョンアップが頻繁に行われています。現在、最も注目され、利用者が急拡大中のアプリケーションであるZoomの仕様が、今後どのように変わるか、全く予想がつきません。ある日突然、インストールが必要になるかもしれません。

●   現時点での接続手順の一例を以下に示しておきますが、あくまでも「現時点での」です。

●   受講生側がZoomをインストール済みであれば、接続はより容易に、即ち、より円滑に授業を開始できることになります。

●   音声だけを用いる「オンライン対話式授業」を採用し、対面画像を用いる「オンライン対面式授業」を採用しない理由については、「Zoomに関する留意事項」をご覧ください。

   必要にして十分な理由が示してあります。

●   正式に授業を開始する前に、Zoomを利用して、一度、三十分程度のオリエンテーションを行います。受講生の学力、志望校、要望等を確認し、使用する教材や指導内容・方法を検討します。

   受講生側は無料、講師は無給です。

   オリエンテーションには当校関係者が加わる場合もあります。

●   学習教材は当校の"Content Library"(資料庫)中の「オンラインデジタル教材」(各種演習教材文法学習教材)を使用します。

   "Physical Text"(紙のテクスト)は使用しません。従って、教材費は必要ありません。

●   学力上位の受講生については、現代英語力標準用例集(野島明編集著作)を積極的に活用します。無料で利用できます。

●   「オンラインデジタル教材」をプリントアウトする場合、パソコンに接続したプリンターが必要です。


 
 
現時点の接続手順の一例

●   Zoomをインストール済みの講師側が、メールで受講生側に「招待用URL」とパスワードを送ります。

   URL:通例 http://www.........com/ のように記述されるウエッブサイトの場所を示す文字列。

●   受講生側はメールに記載された「招待用URL」をクリックしたあと、パスワードを入力すれば、「オンライン会議」に参加、即ち「オンライン対話式授業 家庭教師 on the web(大学受験英語専科)」を受講できる状態になります。


●   ネットでZoom接続方法を調べると、説明されている手順通りにやっても接続できない場合も少なくありませんし、説明そのものが曖昧で参考にならないことも稀ではありません。ネット世界の《説明》はそんなものです。

【重要な留意事項】

安定したインターネット接続は常に保証されているわけではありません。また、パソコンの一時的不具合(「画面が固まる」「反応が極端に遅くなる」など)も、時には故障も、珍しいことではありません。

ネット環境やパソコンの不具合は直ちに解消されるとは限りません。基本的に、不具合が解消されるのを待つことなく、その日の授業は中止とし、改めて代替授業の日時を調整することになります。

こうした緊急時の連絡には電話を用いますから、電話(固定もしくは携帯)は不可欠です。

           
この頁の末尾
  

  注    

●   この種のアプリケーションソフトウェアをインストールしようとすると、かなりPCに慣れていても、そこそこの面倒を体験します。何とかインストールに成功し、さて、使ってみよう、となると、多く場合、更なる困難が待ち構えています。 PCの初心者にいたっては殆ど無理、と言えるほどですし、多少慣れている程度でも、腹が立つほどの分かりにくさを体験することになります。

PC関係の機器やアプリケーションソフトの世界は、ほぼ当初(1995年)当時から、現在(2020年)に至るまで、《使用法の説明》という点では、全く進歩していません。強調しますが、《全く進歩していません》。

具体例を挙げてみます。

「Skype の使い始め方を教えてください。」への答えは以下の通り。


Skype は簡単に使い始めることができます。 必要なのは、次の 3 つのステップだけです。

デバイスに Skype をダウンロードする。

Skype の無料アカウントを作成する。

Skype にサインインする。

とても簡単です。


Skypeはアプリケーション名ですから、これはこれとして、

初心者には次の用語はちんぷんかんぷんです。

「デバイス」「無料アカウント」「サインイン」

ごく初心者には「ダウンロード」も意味不明でしょう。

段階を踏めば次第にわかりやすくなるかといえば、そんなことは全くありません。

原因は比較的明らかです。

使用法がよく分かっている人が説明していること。つまり、分かりにくいのがどこであるか、全く分からないまま、使用法を説明している(実質的に、説明していない)ことです。

更に、使用法の説明者は、ものごとをわかりやすく説明する、という世界には全く通じていない、ということです。 つまり、使用法の説明者は、確かに使用法を分かっているのかもしれませんが、説明のしかたは全くわかっていないということです。

こうしたありえない事態がPCの世界のはじめから付きまとい、まったく改善されていません。

あるアプリケーションのインストール方法の説明、そのアプリケーションの使用法の説明が分かりやすかった、という体験をした人がいたらお目にかかりたいものです。

ソフトウェア中のソフトウェアであるWindowsのインストールの方がまだしも簡単かもしれません。ただし、例えばWindows 10のインストールにはかなりの時間がかかることを知っている、という条件付です。それを知らない人は、コンピューターが故障したと思い、電源を切断したり、再起動を試みるかもしれません。

簡単にインストールできる代表は、マルウェア(たちの悪いソフトウェア)、ウィルス(有害なソフトウェア)の類で、クリック一回だけで、立派にインストールできて(感染し)、しばしば莫大な被害をもたらします。

ソフトウェアの世界で横行しているこうした分かりにくさは、学習指導の場合にも常に見られる現象です。

学習に苦労した経験のない講師、未熟な講師は、生徒は時に簡単なことを理解できないことがあることを想像すらできません。

例えば数学では、 a + a = 2aa × a = a2 の区別に苦労する生徒は稀ではありません。

Zoomの場合、現時点では受講生側はインストール不要、これは大変な利点なのです。


この頁の先頭

école imédia の表紙頁
© Copyright 1997-2020 InternetMedia
(許可なく複製・転載することを固く禁じます)